2020年から大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を評価する試験になります。この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。
また、2012年から中学校の技術家庭科の授業で、プログラミングは必修。2016年4月に政府の方針で、プログラミング学習を小中学校で2020年から段階的に必修にすることを固めました。

このプログラミング教室は、小学3年生から中学生ぐらいを主なターゲットとしていますが、
教職員の先生方の中からも、「プログラミング教育」とはどんなことをするのか、知っておきたい・・・とのお声もあり、子ども達に携わる先生方が学ぶための入口としても大変わかりやすく学べるようになっています。

使用ソフトは
世界で一番利用されている教育用ビジュアルプログラミング言語「Scratch」を使ってプログラミング学習を行います。

公式サイト:https://scratch.mit.edu/

 

プログラミング教室に通う事で得られる6つのこと

  1. 楽しみながら学べる
    自分で考えたことやイメージしたことがスクリーンの中で動いた時の喜びは言葉では言い表せません。子供たちにとって、物理的制約を受けずにイメージを表現できるのは、お絵かきや粘土遊びのように創造力をフル活用した遊びと言えるのです。「楽しく夢中になっていたら実は学べていた」が教育のあるべき姿だと思います。
  2. 将来の可能性を広げる
    現在は10 年前には存在しなかった仕事が登場し、どんな仕事についてもIT スキルが必要な時代になりました。先の見えない社会において様々な仕事に役立つと考えられるプログラミングを学ぶことは、子供たちの将来の進学や職業の選択しを増やすことに繋がります。
  3. 自分に自信を持てる
    プログラミングは「作りたい」から「できた!」までのプロセスが比較的短いので、「できた!」という感覚がたくさん積み重なります。こういった感覚を積み重ねることによって、子供たちは自己肯定感を得ていきます。プログラミング学習の世界では、学びを進める主導権は子供にあるのです。
  4. 問題解決能力を養う
    現代はIT 技術の発達により新しいことが次から次へと生まれる時代です。そのような移り変わる状況に柔軟に対応しながら、自ら問題を設定して考え、判断し、答えを見出していく能力が求められています。プログラミングは自分の作りたいものを作るプロセスの中で、問題解決型の課題に積極的に取り組むことができる教育なのです。
  5. 論理的思考能力を養う
    プログラミングとは「物事を整理すること」を非常に身近に体験できるツールです。何か物語やゲームを作るときも、人物・背景・展開など一つ一つに切り分けて整理し、構造的に捉えることが必要です。そういったことをコンピューターで表現することで論理的思考力は育まれていきます。
  6. 創造力を広げる
    プログラミング学習ではこのような創造力をゲームやアプリ、Web コンテンツなどデジタルなモノ作りを通して養い、広げていくことができるのです。プログラミング自体が新しいものを次から次へと生み出して共有していける学習環境となっています。

 

楽しく分かりやすい学習コース

はじめての
プログラミング

(Scratch)

12ミッション(24コマ):1コマ60分

★月2回通学コース(60分×1コマ)※1年で修了

★1クラスごとの定員(目安):5名/1講師

★想定対象:小学校2年生~小学校6年生

 プログラミング
ドリル

(Scratch)

 12ミッション(24コマ):1コマ60分

★「はじめてのプログラミング」で習得した機能を使って、さらに色々な作品を作ります。
習得した知識の定着や、機能の応用パターンを増やすことで、理解を深めます。

★月2回通学コース(60分×1コマ)※1年で修了

★1クラスごとの定員(目安):5名/1講師

アルゴリズム
トレーニング

(Scratch)

12ミッション(24コマ):

★日常で使用したり目にする機器/システムなどを再現し、それが動作する仕組みを考えます。
本コースは「Scratchを使ってアルゴリズムを考える」コースとなります。

★月2回通学コース(60分×1コマ)※1年で修了など、通学スタイルは教室によって異なります。

★月2回通学コース(70分×1コマ)※1年で修了

 

受講料について

(全て税込み)

入会金:通常 10,800円(各種割引制度あり)

月謝:月2回 1回60分

個別学習スタイル 7,680円

集合型スタイル(1クラス5名) 6,480円